イベント予定
「ひかりの輪」のセミナー・イベントのスケジュールをお知らせします。

2022年7月

  • インターネット「Zoom」でのセミナーのお知らせ ~ご自宅からでも参加できます~ (2022年7月28日)

    インターネット「Zoom」でのセミナーのお知らせ ~ご自宅からでも参加できます~---------------------
    ◆ネット参加のお勧め
    ---------------------

       ひかりの輪では、全国各地でセミナーを行っておりますが、諸事情のため会場まで直接ご来場が難しい方でも、インターネット会議システム「Zoom」を使って、全国どこからでも、ご自宅からでも、ご参加いただくことができます。

      「Zoom」は双方向通信が可能なシステムですので、講義を聞くばかりではなく、上祐代表との質疑応答や、講義後の個人面談も可能です。会場にお越しいただくのと変わりない会話のやりとりができます。

      また、参加料金は、来場参加より500円引きと、お得になっています。

      ご自宅近くのセミナーの開催にはまだ日のある方や、近くにセミナー会場がない地域の方、新型コロナにより来場参加に心配のある方、その他お忙しい方など、多くの方にご利用いただいております。

       なお、「Zoom」でのご参加の際には、画面上にお顔や実名を出していただく必要もありませんので、どうぞお気軽にご参加ください(ただし初参加の方に限って、最初に担当スタッフがZoomで個別にご挨拶と確認をさせていただきますので、ご了承ください)。

       皆様のご参加をお待ちしています。

    ZOOMでご参加になれるセミナーのスケジュール

    ※一部の予定は変更になる可能性がありますので(天候等の諸条件や一定数の参加者が集まらない場合など)、参加ご希望の場合は、事前に団体の教室・指導員までご確認ください。

    ※セミナー会場のインターネット回線や中継機器などの事情により、Zoomの動画・音声に不具合が生じ、参加に著しい支障が生じた場合は、後日、講義の動画データを無償提供させていただくか、参加費の減免をさせていただきますので、ご了承のほどお願い申し上げます。

    -------------------------------------------------------------------------
    セミナー等に参加された一般・識者の方の声:雰囲気を感じていただけます。
    ひかりの輪のご紹介:宗教ではなく学習教室。団体を分かりやすくご説明。
    プログラムと参加料金のご紹介:全て適価で運営、安心してご参加ください。
    団体の活動規定:適切な活動のための日弁連の指針に沿っています。
    団体の改革:過去の反省に基づき、団体を抜本的に改革しました。

    -------------------------------------------------------------------------

    上祐史浩・ひかりの輪YouTubeチャンネル 
      
    上祐代表の講義および「ひかりの輪(代表:上祐史浩)」 関連の動画をご紹介しています。ぜひ、ご視聴ください。

     ◆「ひかりの輪ネット教室」YouTubeチャンネル
    分野分けをして講義動画を紹介していますので、学びやすくなっています。ぜひ、ご視聴ください。

  • 「東西心理学総論」講義 2022年7月~2023年3月の講義予定のお知らせ(ネット中継・自宅視聴も可) (2022年7月 7日)

    ひかりの輪では、毎月1回及び、年末年始セミナー、GWセミナー、夏期セミナーの大型セミナーで心理学講義を行っています。

    心理学の研究家で、認定ヒプノセラピストの山口雅彦指導員の講義に基づいて、同指導員と上祐代表との対談形式で行われます。毎回、1つの心理学理論、心理療法を選んで行われます。

    講義の内容は、様々な心の苦しみ・ストレス・人間関係の問題などの解決に役立ち、安定したバランスの取れた広い心を養うために役立つ心理学の思想・理論・具体的な実践法について、一般の方・初心者の方にも分かりやすく解説するものです。

    単に心理学の理論を学ぶだけではなく、それに基づいて、実際に皆さんができる、心や人格の向上に役立つ実践法を解説します。また、心理学の理論や、それに基づく心理療法は、同じく心を論理的に探究してきた仏教や道教の思想とも一致する部分が多く、その視点から、普通の心理学講義を超えて、仏教・道教・心理学の東西の叡智を融合させた、深い智恵に基づく講義となると自負しています。

    shinrigakukogi.JPG


      それでは、7月~12月までの日程と講義内容をお知らせします。


    ◆7月13日(水)20:00~

    テーマ:「レジリエンス ~立ち直る力~」

    レジリエンスとは、衝撃的な出来事や困難な状況・ストレスを受けたときに立ち直る力、回復力、復元力という意味で、近年メンタルヘルスの領域で注目されている言葉です。

    ストレスを受けたときに、落ち込みやすい、なかなか立ち直れないという人は、「レジリエンスが低い」ということになります。ストレスに強く、また、立ち直りが早い人は、「レジリエンスが高い」ということです。

    この講義では、立ち直る力、レジリエンスをどうしたら強くすることができるかを解説します。


    ◆8月 (夏期セミナー 8月10(水)~13日(土)の期間中)

    テーマ:「孤独について」

    社会全体のつながりが希薄化している中で、新型コロナの長期化によって、孤独・孤立の問題がより一層顕在化していて、孤独は、現代社会において重要な問題になっています。

    イギリス政府によって2018年1月、日本においても2021年2月「孤独担当相」を新たに任命すると発表されるなど、緊急に対処すべき課題であるという認識が世界に広がっています。

    講義では、孤独の状況の実態、孤独の心身に与える影響、孤独になる要因、そして解決法を提示していきます。


    ◆9月14日(水)20:00~

    テーマ:「前向きな感情が心の広がりと成長を促す ~ポジティブ心理学~」

    「生きる意味と目的を探求する」心理学であるポジティブ心理学のなかの「拡張-形成理論」を紹介していきます。「拡張-形成理論」は、ポジティブな感情が心の広がりと心の能力・成長を高めるということを、27万人のデータをもとに証明した理論です。

    ポジティブな感情が増えると、視野が広がり、思考の範囲が広がり、さまざまな考え方や行動の可能性を開き、心身を開放し、受容性・創造性を高め、生活を改善し、人を成長させる、というものです。

    この理論は、ポジティブな心の状態=「愛」「喜び」「感謝」「安らぎ」といったポジティブな感情の研究から導き出されました。


    ◆10月26日(水)20:00~

    テーマ:「自己愛について:フロイト精神分析」

    現代社会は自己愛型社会と言われます。自分勝手で自己中心的な人が増えているようです。

    自己愛は幼児期の子供にはあたりまえの心性です。しかし、大人になっても幼児的な自己愛が残存している人が多くなっているようです。何かにつけクレームをつけるクレイマーなどがその典型の一つです。

    自己愛の強い人の特徴は、自分が丁重に扱われることが当然と思っている、いつも周囲から注目されたい、自分は優れている特別な存在だという誇大妄想、自分が世界の中心だという思い、自尊心が傷つきやすく、自分が見下されることを極端に恐れる等の特徴があります。幼児性が抜けていない、大人になりきれていない人と言っていいでしょう。

    周囲に自己愛の強い人がいて影響を被っている方、また、自分が強い自己愛によって苦しんでいる方もいることでしょう。

    講義では、肥大化した自己愛の要因とそれをどう越えていくかを提示します。


    ◆11月16日(水)20:00~

    テーマ:「影の投影:ユング心理学」

    自分が嫌悪を抱く対象は、実は自分を写す鏡であった!

    私たちは、自分の性格・人格で受け入れられない要素(=影)を他人にの中に見つけ出し嫌悪します。あたかも、自分にはその要素がないかのように思い、他を批判します。しかし、自分の中にも同じ要素があるのです。

    そのことに気づいていくことによって、自分と他人の区別は弱まり、自分と他人を平等に見ることができ、寛容さ・慈愛の心が育っていきます。

    この影の投影が、集団になされると魔女狩りやナチスのユダヤ人虐殺のような恐ろしいことも起きてしまいます。
    人間の心の暗部をしっかりと照らし出すことで、個人の間での嫌悪・争いから集団での嫌悪・争いまで防ぎ、解決していくことになります。


    ◆12月14日(水)20:00~

    テーマ:「ロゴ・セラピー(生きる意味の療法)」

    ロゴ・セラピーとは、生きる意味を見失い、絶望している人に対し、生きる意味を見出す援助をする心理療法で、「意味による治療」と訳すことができます。

    創始者は、オーストリアの精神医学者・心理学者のヴィクトール・E・フランクルです。ユダヤ人であったフランクルは、ナチスの強制収容所生活を3年送っています。その体験をもとに書かれた『夜と霧』は、日本語を含め17ヶ国語に訳されています。

    強制収容所で生き残った人たちは、身体が丈夫だったというのではなく、収容所にいてもそこで生きる意味を見出した人たちでした。どのような悪い状況においても、意味を見出すことはできるというのです。そして、意味があれば人は生き抜くことができるといいます。

    極限状況において、自分に何ができるか、何をすることが意味あることなのかを考えるとき、自分を超えた大きなものに自分を捧げることに価値・意味を見出すということです。端的に言えば、他を利するということです。

    フランクルの実体験に裏打ちされた説得力のある理論です。人生を豊かに生きるために役立つ理論です。


    ◆2022~23年年末年始セミナー 12月30日(金)、1月1日(日)

    テーマ:「ポリヴェーガル理論」

    ポリヴェーガル理論は進化論と神経生理学の研究からステファン・W・ポージェス博士が提唱した理論です。

    ポージェス博士は、副交感神経が2種類あることを発見しました。(腹側迷走神経と背側迷走神経)

    そのうちの1つは、進化のごく初期段階(原始的な脊柱類、爬虫類、両生類)で発達した神経で、絶体絶命の状況下で生命維持をするための究極の省エネモード。シャットダウン状態(脱力状態/仮死状態)になるというものです。

    もう一つは、進化の最後の過程(哺乳類)で発達した神経で、人の表情や声のトーン(韻律)を読んで、安全で安心だと感じられた時に活性化し、人との健やかでくつろぎをもたらす、心地よく安らかな繋がりを築くというものです。

    従来の自律神経理論では、自律神経系を交感神経系と副交感神経系の2つに分類してきましたが、ポリヴェーガル理論(多重迷走神経理論)では、自律神経系を交感神経系・背側迷走神経複合体・腹側迷走神経複合体の3つに分類ます。

    他者とのつながりを促進する「迷走神経」が健全に機能しているとき、人は「安全である」という感覚を得て、絆を感じることで神経系のレベルで癒され、ストレスへの対応、不安、イライラなど心身を損なう状態が改善されていきます。

    講義では、ポリヴェーガル理論を紹介し、心身を健やかに保ち、良い人間関係を築く方法に言及します。また、ヨガとポリヴェーガル理論の関連性についても言及していきます。


    ◆2月22日(水)20:00~

    テーマ:「交流分析:人生脚本」

    交流分析の中にある「人生脚本」という概念をもとに、自分の人生を規定しているもの、生き方を束縛している思い込み・信念というものを理解していきます。それにより、自分を縛っている自分の観念から自由になるための手がかりを学んでいきます。

    交流分析の「人生脚本」というものは、無意識に作り上げられた人生全体の計画(シナリオ)のことで、それは、自己暗示効果や自分の生活や行動を決定する影響力を持っています。

    これは、人が自分で止めようと思っても止められない人生のプログラムであり、自分でも知らず知らずのうちに、シナリオを証明するような生き方をしてしまうことになるといいます。自分では普通、意識することができない、自分を束縛している生き方のパターンである。「自分の生き方の癖」と言えば、よりわかりやすいかもしれません。

    その脚本が自己否定的な場合、それを自己肯定的・自己実現的なものへと書き換えていくことが目標です。


    ◆3月22日(水)20:00~

    テーマ:「幸福の条件:ポジティブ心理学」

    国際的な幸福感の調査をすると、日本人の幸福感・幸福度が低いという結果がでます。それは。日本人は謙遜・謙譲が美徳とされ、自己主張しないという特性が、低い理由の一つと考えられています。また、日本人は、神経伝達物質の取り込みの遺伝的な問題が関係しているという研究もあります。

    幸福の条件をポジティブ心理学の知見から紹介していきます。欧米の研究だけでなく、日本人が日本人を対象に行った「幸福になるための条件」に、焦点を当てていきます。

    ※講義は、東京本部教室、名古屋支部教室での会場で直接参加、および、他の各教室でのネットのご視聴に加え、ご自宅でも、ネット中継でご視聴いただけます。

    ◆参加費、ネット視聴方法・料金

    一講義につき、3000円です。※講義のテキスト付

    ネット視聴の場合、指定する口座にご入金いただいた後、こちらから視聴URLとパスワードをメールでお送りするしくみです。
    なお、すでに終わった講義は、録画でのご視聴になります。


    講話会等に参加された一般・識者の方の声:雰囲気を感じていただけます。
    ひかりの輪のご紹介:宗教ではなく学習教室。団体を分かりやすくご説明。
    プログラムと参加料金のご紹介:全て適価で運営、安心してご参加ください。
    団体の活動規定:適切な活動のための日弁連の指針に沿っています。
    団体の改革:過去の反省に基づき、団体を抜本的に改革しました。


    ◆連絡先

    会場での参加、および、視聴を希望される方は、口座番号をお送りしますので、以下までご連絡ください。

    ◎東京教室(東京・埼玉地区)細川美香
    住所:東京都世田谷区南烏山6-30-19 GSハイム烏山201
    担当者携帯電話:080-2273-3588
    メールアドレス:tokyo@hikarinowa.net

    または、各支部教室でもご連絡をお受け付けしています。

    ※一部の予定は変更になる可能性がありますので(一定数の参加者が集まらない場合など)、参加ご希望の場合は、事前に団体の教室・指導員までご確認ください。


    >>過去の心理学講義のいくつか動画でご覧になれます。>>>こちらから
    >>東西心理学総論の教本の紹介しています。>>>こちらから