瞑想法
ひかりの輪で行っている瞑想法のコーナーです。仏教的瞑想法、瞑想用の聖音・お香・音楽などをご紹介。

瞑想音楽(試聴あり)

歌詞「虹の神」

                        虹の神


                                                 作詞・作曲・編曲/観音楽(上祐・宗形・小林)

この歌は、神仏の現われとしての「虹」を歌ったものです。
上祐代表らが、6年前より、日本の自然・聖地巡礼を始め、そこで経験した多くの虹の体験が、オウム信仰からの脱却するにあたり、大きな手助けとなりました。
虹体験が、オウムを脱会し、ひかりの輪を創設するにいたった原点ともいえます。

その、さまざまな姿で現れる、印象的な虹のイメージが歌になりました。
 
(以下の説明文:上祐史浩)

  1番

天空に 七重の虹
美しく 輝きあらわる

空が 青く澄み渡り
透けるように 輝いた時
                                  
時を超えた 法の輪の教え
天の現わす 如来の叡智




(1番の説明)
この歌詞は、多くの虹の体験の中でも最も印象深く、上祐代表らがひかりの輪を創設するにいたった原点ともいえる、草津郊外における七重の虹の体験をイメージしたものです。
太陽の周りの虹を、仏法の象徴である法輪の象徴と見ました。



2番

大地から 虹 立ち上る
鮮やかに 天へと昇る

龍の神も 現われ
不二の山も 遙かに超えて

光り輝く 虹の架け橋

天へ導く 覚醒の道

 
(2番の説明)
この歌詞は、七重の虹と並んで印象深い、富士山麓で見た、大地から立ち上る鮮やかな虹をイメージしたものです。
虹は、中国で龍神とも見なされます。
そして天と地を繋ぐものとして、人が天にいたる道とされ、仏教でいえば、解脱・覚醒の道とも解釈できます。
なお、「不二の山」は、富士山と共に、仏教・ヴェーダーンタなどの不二一元の思想を意味します。



 3番

天空に 虹が現われ
存在の 真理を示す

虹の色は 限りなく
区別なき 世界を示す

天地のすべては 繋がり合って
虹色のように 現われ消える


(3番の説明)
虹の色は俗に七色といわれますが、実際には、各色間に境界はなく、無限の色が含まれ、それが一つに溶け合って現れて消えていきます。
この虹の色の性質を、仏教の縁起の法の世界を象徴するものととらえました。

この世界に存在するすべての事物は、バラバラのように見えても、実際には、他から独立したものは一つもなく、他者との間に完全な境界・区別はなく、相互に依存し合いながら、現れては消えていきます。

なお、虹は、さまざまなものが一つに溶け合っていることと同時に、すべてのものが、現れては消える無常なもの、実体がないものの象徴でもあります。


 4番

太陽の 周りを囲む
虹の輪が 輝きあらわる

一つの光が 分かれ出て
無限の色に 輝き出す

如来の光 法輪の虹
ひかりの輪の 天空マンダラ


(4番の説明)
虹の色は、元は太陽の白色光から分かれ出たものです。
それは、宇宙のすべてが、ビッグバンの光から現れ出たのと似て、この世のすべてが一つの源から生じている、という一元の世界観を現しています。
太陽の光を「如来光」と考えて、それを取り巻く虹を仏法の象徴の「法輪」ととらえれば、太陽の周りの虹は、ひかりの輪の天空マンダラということができます。

<<< 前へ【♪「虹の神」】

次へ【「水の神」歌詞】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ