瞑想法
ひかりの輪で行っている瞑想法のコーナーです。仏教的瞑想法、瞑想用の聖音・お香・音楽などをご紹介。

瞑想用の仏教法具

2.各種の聖音法具

◆ドニパトロ(現代ではシンギングボールともいわれる)


金剛鈴と同じように、美しい音を奏でる法具の一つであるが、その音は、金剛鈴に比べ、お寺の鐘のように低音で、深く響き、染み渡るよう広がっていく。

精神世界の一部では、この音が、宇宙空間で採取される音と似ているという説があり、そのため、宇宙の原初音と解釈する人もいる。

ひかりの輪では、この法具を、ヒーリングなどの心身の浄化(聖音ヒーリング)や、教室や自分たちの部屋などの空間の浄化として用いている。その潜在的な用途は、非常に幅広いと思われる。

※参考文献

シィンギングボール
金属の「半円形のボール」で、日本でいう木魚のような使われ方をされています。使い方は縁を叩くか、木製のスティックで縁を右回りにゆっくりと擦るかします。すると唸るような波動音が発生します。この音色がさまざまなものを浄化します。」
(『アジアの法具と仏像』)


◆ティンシャ

元々は、龍神を供養するために使われていたが、現在ではさまざまな儀式の時に使われているという。
 
 ひかりの輪では、ガンター、ドニパトロと共に、その美しい音を活用しており、いわゆる聖音法具の一つである。

講義・講話・瞑想会を始めたり、終了する際に、この法具を鳴らしてごく短い瞑想をすることが多い。

その透明な音色・波動を聞いていると、意識が透明・鮮明になって浄化される感じがする。

鳴らし方は、一方を床と平行にし、もう一方はそれに対して直角に当てて鳴らすという場合と、両方を平行にして鳴らす場合がある。

ガンターと共にドニパトロより高い音であり、ヨーガ理論では、比較的高いチャクラを浄化すると言われている。

<<< 前へ【1.金剛杵と金剛鈴】

次へ【3.各種の仏画】 >>>

ひかりの輪ポータルサイト
一般の方のために
ひかりの輪の広場
活動に参加された方の体験談
水野愛子のブログ「つれづれ草」
水野副代表のブログ
広末晃敏のブログ「和の精神を求めて」
広末副代表のブログ
ひかりの輪YouTubeチャンネル
ひかりの輪ネット教室
ひかりの輪ネットショップ
著作関係
外部監査委員会
アレフ問題の告発と対策
地域社会の皆様へ